記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭皮のベタつき・かゆみ・臭いをなくす方法


20160806104823217.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

→人気ブログ←
↑他にも素敵なブログがたくさん♪





私は子どもの頃からオイリー肌で頭皮もベタつきやすい体質です。しっかりシャンプーしているはずなのに、夏はもちろん、冬でも頭皮がベタベタしてしまい、かゆみやニオイも気になります。



本当に少しでも治したい!!と思い、いろいろと試して良かった方法をご紹介させて頂きます。

 



①シャンプー前のすすぎ洗い


まず、シャンプーをする前にやや熱いお湯(42℃程度)のシャワーを頭皮にかけながら、指の腹を使って頭皮の汚れを揉み出すように洗います。


爪を立てて洗うと汚れは落ちないのと頭皮を傷つけて炎症をおこしてしまう場合があるので、指の腹を使って汚れをかき出すイメージで洗うのがベストです。この時、髪についた汚れやホコリなども洗い流しましょう。


 


②シャンプー選びはかなり重要


よくCMで見かける「しっとりした髪になる」「つや髪になる」などのフレーズのシャンプーは、オイリー肌の私にとっては油分が多すぎてしまい、さらに頭皮がベタついてしまう原因でした。(ツバキ、LUX、エッセンシャル、パンテーンなど。)


とにかく、頭皮のベタベタ脂をスッキリ綺麗に洗い流したい!!キレイな毛穴になってかゆみ・ニオイをなくしたい!!そんな思いでした。


因みに、私が頭皮のベタつきに良いと言われている様々なシャンプーを試してみて一番良かったシャンプーが「メリット ピュアン」です。






爽やかな香りで泡立ちもよく、なによりも頭皮の脂をスッキリ落とせた感じがするので何本もリピートしています。



確かに、「しっとりした髪になる」「つや髪になる」と宣伝しているシャンプーのように髪がしっとりする訳ではなく、少しきしむ感じがしますが、毛穴の皮脂や汚れをしっかりと洗い流してくれて気持ちがいいのでオイリー肌の私は大満足です。


頭皮のベタつき、かゆみ、ニオイをなくしたい方には本当におすすめ!!1度は試してみる価値ありですよ☆


また、シャンプーをする時はよく泡立ててから指の腹で汚れを揉み出すイメージで頭皮を洗います。すすぐ時も同じように指の腹を使ってやや強めに頭皮を揉み洗いしながらシャンプーをしっかりとすすぎましょう。ここで洗い残しがあるとかゆみやフケの原因となるので洗い残しのないようにしっかりと洗い流します。



こちらからご購入下さい↓





③リンス・コンディショナーは毛先のみ 

 
シャンプーのあと髪につけるリンスやコンディショナーは絶対に頭皮には付かないように気を付けて下さい。


頭皮についてしまうと洗い流しづらくてフケやかゆみの原因となり、最悪の場合は炎症をおこしてしまいます。リンスやコンディショナーのすすぎ残しにならないよう、使うときは毛先のみにつけてしっかりと洗い流しましょう。





④髪は乾かす 


私はこどもの頃から「髪を乾かす」という習慣がない家庭で育ちました。おとなになった現在でも忙しいことを理由に自然乾燥で済ませてしまうことが多かったのですが、これがニオイの原因だと気付きました。


シャンプーしたあとに髪を乾かさずに生乾きの状態が続くと、洗濯物と同じように菌が繁殖しやすくて髪が臭くなってしまいます。ドライヤーで完全に乾かすことがベストですが、時間のないときは髪の根元だけでも乾かした方が良いと思います。






 
⑤食べ物に気を付ける


私たちのからだは食べたもの・飲んだもので作られています。


当然ですが脂っこい揚げ物や肉類、甘いものや辛いもの、ジャンクフード(ハンバーガーやコンビニ弁当など)やスナック菓子ばかり食べ続けると頭皮もオイリーなベタベタ肌になります。


できるだけ、揚げ物やジャンクフードなどは避けて野菜を多く食べることが頭皮のベタつきを抑える近道です。

また、からだが食べ物を消化さやすいように夜21時以降は食べることは避けましょう。





⑥規則正しい生活


飲酒・喫煙・睡眠不足は、頭皮のベタつきと臭いの原因となります。


お酒やたばこはできるだけ控えて(たばこはやめるのが理想的、お酒はたまに少量ならOK)、可能なら8時間程度しっかりと睡眠をとるのがオススメです。


また、ストレスをためない方がからだに良いのですが(これはなかなか難しいですよね(;o;))、人間とは不思議なもので睡眠がきちんととれていると多少のことではイライラしなくなります。


私は二人の子どもを育てており、かなりの睡眠不足が何ヵ月も続いた時期がありました。人間は睡眠不足が続くとほんの少しの不満や苛立ちがかなり大きなものになってしまいます。できる限り睡眠をとることでストレスはかなり抑えられると実感しました。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。